15.断熱の意味 〜冬の断熱〜

冬の対策を考えますと、先ずは十分な断熱が何にもまして当然必要です。予算として最優先に考える
べきだと思います。断熱と熱容量が十分であれば、暖房設備がいらなくなる可能性はあります。これ
は、温度をわざわざ上げるための設備がいらないということであり、エネルギーがいらないと言って
るわけではありません。断熱が十分であれば、先ほどご説明しましたように、自分の体から出ている
熱、人間は発熱体、熱源なわけですから、そういう熱や照明からの発熱、そして勿論直射日光を貯め
込む事などにより十分暖房は可能です。つまり暖房設備なしにすることも可能なのです。考え方とし
ては、これが基本です。家の熱性能のことを考えずに安直に床暖房だとかいうのは、あまりに知恵が
なさ過ぎます。

ちょっと話がずれますが、断熱の意味を知るための、わかりやすい例として、暖房のランニング・コ
ストについて触れましょう。私は床暖房の仕事をしている中で、良くあるパターンは、一般の方もそ
うですが、設計士の方と話をしていても、「イゼナの床暖房の電気代は安いですか」という話が良く
出ます。これは熱のことをかなり誤解しているんですね。電気代は住まい方にもよりますが、基本的
には建物の熱特性で全て決まるのです。つまり、電気代はイゼナの床暖房が決めるのではなくて、建
物の断熱特性をどこまで配慮して設計したかによって決まるのです。今まで、今でもそうですが、暖
房機を出しているメーカーは「10畳でランニングコストはいくらです」と言っているから、『ランニ
ングコストは設備機器が決める物だ』という全く間違った知識が蔓延してしまったわけです。
例えば、外が0℃で室内が18℃だとしますと、熱は外の方向に逃げようとします。18℃を維持するた
めには、逃げていく分の熱を、補充してやらなければならないです。では、どのくらい補充するかと
いうと、その家の断熱特性により違うのは当たり前です。熱の逃げ方が違うからです。断熱とは、外
に逃げてしまう熱の量を出来るだけ少なくしてやることです。断熱材を正確な施工で十分に入れれば、
逃げる熱の量がどんどん少なくなります。しかし、断熱というのは壁に断熱材を入れさえすれば良い
というわけではありません。

実は、開口部の断熱性能を上げることは、壁のことよりもっと大切なんです。開口部の大きな家では、
大量の熱が開口部から逃げてしまいます。開口部にいくらペアガラスを使ったところで、あまり大き
な効果は期待できません。ペアガラスは壁に比べると断熱特性が著しく低いからです。
開口部にはカーテン程度の配慮でなく、もっとしっかりした断熱構造を考えた方がよいと思います。
例えば、室内側の断熱戸とかを利用して、昼間せっかく貯め込んだ熱を逃がさないようにするなどの
工夫が必要でしょう。もし開口部を大きくとるのであるなら、それをカバーする十分な仕組みもちゃ
んと備えなければいけないと思います。そのためイゼナでは断熱ロールカーテンの出来るだけ早い販
売を目指しています。
これからの住まいの省エネを考えるのであれば、まず最低限、断熱に配慮しなければならないことは
再三申し上げています。これが先ず、冬対策で最もやらなければならない事です。

それでは断熱材を入れるとはどういうことなのか、どんな効果が実感できるのかお話ししたいと思い
ます。
断熱材を入れると、熱の逃げる量が減り、ランニングコストが安くなることは当然のことと理解され
るでしょう。
ですが、断熱材の意味にはもう一つ重要な点があります。それは寒い冬場に体から過剰な熱が奪われ
ないようにして快適な住まいを実現することです。結果的には、快適な住まいを追求することが、エ
ネルギー消費量を減らし、環境に対するダメージも減らすことになるのです。こんなおいしい話はな
いですね。断熱にお金を使うことは、快適な住まいを実現し、ランニングコストを減らし、さらに二
酸化炭素の排出量を少なくするという三重の快適さを得ることになるのです。

断熱材をしっかり入れると、先ほどご説明したように、部屋を構成しています、面の温度、壁、天井、
床の温度が下がりません。ですから当然 壁面の結露などは全く発生しません。壁面の温度が下がら
ないということは、最大でも室温なわけですけど、室温に近い温度面で囲まれていることになります。
そうすると、室温だけをどんどん上げる必要はなくなるのです。18〜19℃で良いと思います。人によ
っては17℃でも良いと思います。暖房効果は、温度計で測る室温だけでは全く決まらないのです。今
までは断熱特性は悪いし、すきま風はあるし、室温で見るしかなかったんです。暖房感覚は空気温度
と周囲面温度との相乗効果なのです。ですから断熱材を入れる必要があるのです。
良く例に出されますが、冬の縁側で気温が1〜2℃でも太陽からの日射を直接受けていますとまったく
寒くありません。周りの床や壁も日射で温まっているので、そこから出る輻射も受けているため、ま
ったく寒く感じないのです。

開口部の断熱の大切さは先ほどお話ししましたが、開口部が大きければ大きいほど、そこの断熱の配
慮が大切になるんです。これは実は結構大変なことです。いくら、壁部分の断熱がしっかりしていて
も、開口部の割合が多くて明るい家であれば、あんまり意味が無くなります。ペアガラスを使ったぐ
らいでは、断熱特性はとても壁には及びませんので、かなり温度の低い壁面と生活しなければならな
くなるので、断熱障子や室内断熱戸や断熱雨戸などを複数使うなど、かなりの配慮が必要です。

ご理解いただけましたでしょうか。21世紀の住まいとしてはまず十分な断熱が最低限必要です。

断熱性能が悪い家はエネルギーの消費が増えるばかりか、室温を上げなければならないので、それは
外気温との温度差を大きくすることにもなってしまい、快適さも得にくく、健康的にもプラスではな
いと思います。