建築家の声

 

小町建築アトリエ  小町晴久氏

http://www1.ttcn.ne.jp/~komachi/
 
 

アクアレイヤー採用のいきさつ

この建物は木造二階建ての一般的な形の住宅です。

旧宅からの建替えで、建築コストを出来るだけ低く抑える為もあり、
旧宅の瓦を再利用して屋根を葺き、木材は国産の無垢の杉や桧を多用するなどして、
健康で安全で快適に暮らせる家となるよう設計しました。
 
設計に当たり施主の希望は『冬暖かく暮らせる家』でした。

そこで、室内への採光、断熱の徹底、吹き抜ける部分は引き戸で仕切り、
1階の全室を床暖房することになりました。

床暖房は、無垢のフローリングの場合、
熱源の温度が床面に伝わるのに少し余分に時間が掛かったり、
フローリングが断熱材として作用して効率が落ちる等があり温水温度を高くしたくなります。
しかし、温度が高くなると床板が収縮したり反ったりし、
床の温度も高い所と低い所が出来て均一になり難いようです。
 
そこで、立ち上がりはある程度の時間が掛かるけれども、
熱容量が大きくて低温でも快適な床暖房が出来るアクアレイヤーの採用を提案しました。
幸い、別の現場で施工中の物件があり、
施主に見ていただき、十分納得していただいたのも良かったと思います。
 
 
ギャラリー小平1 ギャラリー小平2
  小平の家 S邸(東京都小平市)