建築家の声

 

(株)彦根建築設計事務所  代表取締役 彦根明氏

http://www.a-h-architects.com

同業の建築家の家を訪ねた際、
「暖房装置が見当たらないのに、何とも言い表しがたい快適さ」を体験して以来、
自分の施主にもアクアレイヤーを勧めてきた。
今まではその「一夜の体験」を手がかりに、
アクアレイヤーがいかに快適な室内環境をつくりだすかという説明を必死になって続けてきたが、
自邸に設置する機会を与えられ、その説明は確信を得るに至った。
明け方の一番外気温が落ちる時間にアクアレイヤー内は最高水温となり、
そこから夕方、そして夜に向かって徐々に下がるが、最低水温で25度前後である。
このことによって室温は常に18度前後、床・壁の表面温度は22度前後になり、
室内はいつでも春か秋の過ごしやすい気候が保たれている。
「寒くない」ということは、暖房の究極のかたちではないだろうか。

コンセプト

隣接する大学のグラウンドから5mほど高い土地。ガラス張りの吹き抜け空間を持つ住宅である。
鉄筋コンクリートの地下を外側で断熱し、アクアレイヤーとともに蓄熱させる。
この大きな蓄熱容量によって、木造住宅とは思えない恒温性を得ることができた。
地上2階地下1階の3層を、1階スラブ部分のアクアレイヤーのみで賄っている。
断熱性能の高いセルローズファイバー断熱、LOW-Eガラス及び真空ガラスを用い、
熱負荷や風の通りを考慮した窓の配置とすることによって得られた性能である。


ギャラリー彦根1   ギャラリー彦根2