企業理念

 

私たちは人と環境のことを考え、
住まいの熱に関わる部材を独自に開発をする専門会社です。
私たちが現時点で求めていることに迎合して商品開発はしません。
その先の会社で必要になる未だにお客様が気がついていない物を開発することが
プロとしての社会的使命だと思っています。

21世紀の今、私たちは二酸化炭素の排出を
急速に減らさなければならない状況に置かれています。
二酸化炭素の急速な排出は、 特に20世紀の発想と技術によりもたらされました。
現在はもう、そんな発想で開発された商品は社会に提供すべきでないと考えます。

私たちの考える原点は「人間」ですが、
人間を支えているのは地球環境であり、
地球環境を支えているのは
太陽エネルギーだという視点に立たなければならないと考えています。
地球環境を快適にしないで、快適な個人の生活などあり得ないのです。

「人間」を考えるのには「人間」のことだけを考えていたのでは何も解りません。
ましてや、暖房機器の能率だけを考えたのでは
人間に必要な暖房機器の開発はできません。
「床から熱が出せさえすればいい」という程度の発想の中から
人間にとっての快適な床暖房など生まれるはずがありません。

そういう視点から「人が生きるために本当の快適さとは何か」を考えています。
私たちは太陽熱が利用できることを最優先に考えています。
それが二酸化炭素を削減するための最良の手段だからです。
それが子供の世代、孫の世代に対しての思いやりだからです。

私たちは既成概念に囚われず、自由な発想で全てを見直しています。
だからこそ、アクアレイヤーヒーティングシステムを
開発できたのだと思っています。

21世紀に床暖房という機能は無くなると思います。
21世紀の住宅では、床暖房を入れなければ
暖かくならないような設計をすべきではありません。
アクアレイヤーヒーティングシステムは、
建物の熱的性能を高くする為の蓄熱部材と考えています。
この蓄熱システムを中心に、
更に快適な住空間が得られるように部材の開発を目指します。