ヒートポンプ熱源(温水配管方式)

 

5.漏水検知システム


水対策は万全です。
釘が打たれた箇所を検出できるのは、アクアレイヤーだけです。


(1)漏水検知システムの目的

 このシステムは水漏れや水の浸入などでヒーターが漏電して使用不可能になることを
 できるだけ早く見つけ出し、速やかに復旧させることを目的にしています。
 また、万が一漏水が広がっても
 他のヒーターは漏電しないように最外部の防水シートでカバーされています。

 注意:このシステムは漏水を100%見つけることを保証するものではありません。
    くれぐれも漏水や浸水が発生しないようご注意ください。

 

(2)検知する内容

 1)落下物によるアクアセルの破損部からの漏水
 2)雨水など破損によらない水の浸入
 3)釘の打ち込みによる漏水



 対策1 ピンホール検査
ピンホール図面   アクアセルにピンホールがあると図のように、
   水を通してアルミシートに
   電流が流れて見つけることができます。

   ピンホール測定中(ピンホール測定中)



対策2 釘打たれ検査

                    アクアセルに釘が刺さると
                    アクアセル→釘→アースを通して
                    電流が流れ、特定箇所を見つけることができます。

                    釘打たれ測定中 (釘打たれ測定中)

 



対策 3 ポリエチレンシート梱包

                    全体をポリエチレンシートでくるみ、中からの漏水や、
                    外部からの浸水でヒーターが濡れることを防ぎます。
                  
                    ポリエチレン
                    (ポリエチレンシートでくるみ工事完了)