アクアレイヤー導入事例 (4)  

 

温風熱源冷暖房システム(ダクト式)

設計:(株)高柳建築設計事務所 高柳講一氏
物件名:W邸(埼玉県久喜市)
竣工:1999年
 

高柳建築設計事務所1 概要:
 エアコン熱源による冷暖房システム。
 エアコンからの温風をダクトを通してアクアセルに蓄熱させて使用。
 エアコンの冷風を蓄冷することで夏季も使用可能なシステム。

 







1)採用した理由
木造建築物にいかに熱容量を増やすかと、
システム(仕組も)が簡単なものという点。


2)お客様の声
夏は涼しく、冬は寒くない。

高柳建築設計事務所2 

3)アクアレイヤー仕様
アクアセルタイプ:45mm
設置階:2階
設置面積(アクアセル全長):34㎡(112.5m)
発熱量:エアコン熱源のためシートヒーターはなし
水量:約1,300リットル
イニシャルコスト:
 約330,000円(東京都内施工の場合に換算)
 ※イニシャルコストは、それぞれ施工当時の価格になります。

 

4)建物仕様
構造:木造
断熱方法:壁内断熱
主要断熱材:
 屋根-アキレスイイヤネ角波 t=40mm
 外壁-アキレスイイヤネ角波 t=40mm
 床 -1階 サニーライト t=50mm
開口部:ペアガラス