アクアレイヤーの特徴(6)   

 

電力自由化に伴い、深夜電力の割引率が変更になっています。
新規で契約をご検討の場合には、各電力会社へご確認ください。

深夜電力ですでにお使いいただいている皆様は、
そのままお使いいただくことが可能です。
※詳細は、各電力会社にご確認ください。

 

電気を熱源にするなら
夜間電力利用がオススメ

たくさんの熱を取り込み、蓄える力の大きいアクアレイヤーに最適です!
割安な夜間電力時間帯 (夜11時から翌朝7時まで)の8時間で
1日の暖房に必要な熱をアクアレイヤーに取り込み、
蓄えた熱を放熱させることで24時間いつも快適に過ごせます。

熱容量の大きいアクアレイヤーのとてもオトクな使い方です。
また、オール電化住宅にも対応します。

★電気シートヒーター熱源の場合には、一般電力(従量電灯)利用に比べ、
 ランニングコストが約1/3になります。
★ヒートポンプ熱源にすると、さらにランニングコストが安くなります。
 ヒートポンプは電気シートヒーターに比べ約1/2〜1/4の電気代で同じ熱量を作り出すことが出来ます。
 そのため、ランニングコストが安くなるだけでなくCO2の排出量も削減されることになります。

※夜間電力時間帯にたくさんの熱を蓄える必要があるため、アクアセル90mmタイプが標準仕様となっております。
 また、一般の床暖房として使用する場合に比べて約3倍の発熱量(ヒーターのワット数)が必要になります。
(夜間電力対応の床暖房はどのメーカーも発熱量を多く必要とします。)
 ただし、断熱性能などの条件により夜間電力だけでは暖房能力不足になることがありますのでご注意ください。

※ヒートポンプは外気の熱を利用して運転するため、外気温が低いと能力が低下する場合があります。


契約の種類やサービス内容は各電力会社によって異なりますので、各地域の電力会社へお問い合わせください。